乳首の黒ずみをピンク色にする方法!黒ずみはコレで治す!

乳首の黒ずみをピンク色にする方法をご紹介しています! 乳首・乳輪の黒ずみはメラニン色素の沈着で起こります。紫外線や刺激がメラニンの量を増やすが主な原因です。当サイトでは乳首・乳輪の黒ずみを改善するクリームや原因・予防法を紹介してますのでご参考にして下さい。
MENU

乳首・乳輪の黒ずみをかわいいピンク色にしたい!

乳首の色って気になりますよね!ちくびの黒ずみで悩んでいる女性も多いのではないでしょうか?乳首や乳輪の黒ずみは女性にとっては深刻な悩みです。

 

乳首が黒ずんでいると、なんだか遊んでいるみたいに思われるのも嫌です。

 

彼氏ができて乳首を見られて、ドン引きされたらどうしよう!

 

黒ずんだちくびをキレイなピンク色にしたい!

 

大きさと形は申し分ないけど、乳首の黒ずみで悩んでいる!

 

そんな乳首が黒ずんでいる女性にピンク色の乳首にする方法をご紹介します。

 

 

その前に、乳首が黒ずむ原因はなにか?
まず、黒ずみ原因のについて考えてみましょう!

 

 

乳首が黒ずむ原因は?

 

シミやそばかす、肌のくすみなどの黒ずみは紫外線が強く影響しているのは毛ご存じですよね!ですが、乳首やワキ・Vラインなど肌を露出する機会が少ない部位でも肌は黒ずんでしまいます。

 

特に乳首は黒くなりやすい部位の代表と言っても過言ではありません。肌が黒ずんでしまうのは、肌の中に含まれるメラニン色素の量が増えてしまうことが原因です。

 

ある程度のメラニン色素なら肌のオーバーターンで回復することができますが、増えすぎてしまったものは回復が追い付かなくなり、色素沈着として残ってしまう場合があります。

 

さらに厄介なことに、メラニン色素は紫外線を受けることで増えますが、それ以外にも生成を促進させる要因があるので注意が必要です。

 

他には、肌の締め付けが大きい下着を着用したり、肌を刺激する素材の衣服を着用することでメラニン色素が作られてしまいます。

 

乳首の黒ずみは女性の場合、授乳時の刺激も摩擦でもメラニンの量が増えてしまいます。

 

女性は約1カ月周期でホルモンのバランスが変化していきます。そのため、生理中や生理前後では肌が刺激に敏感な状態となってしまい、いつも以上に紫外線や摩擦の影響が強まり、黒ずみができやすい状態とになります。

 

 

乳首が黒いのは若さの証拠?遊んでるからは間違い?

 

10代20代の若い女性の中には、乳首が黒ずみで悩んでいる人も多くいます。

 

ちくびが黒ずんでしまう原因も摩擦や刺激が大きく関わってきます。吸われたり噛まれたり!

 

そのため、乳首が黒ずんでいると遊んでいる証拠と思われることがありますが、これは大きな間違いです。

 

10代20代の若い女性は元々メラニンの量が多く、紫外線や摩擦などの刺激によって色素沈着が起こりやすいんです。

 

逆に、高齢になるとメラニンの量が激減して、色素沈着を起こさなくなります。

 

おばあちゃんの乳首を見てください!薄いピンク色ですから!

 

元々日本人のように黄色人種は、白人と比べてメラニンの量が少ないので黒ずみができやすい体質だと言われています。

 

さらに女性はホルモンンバランスが乱れやすく、その結果、肌が刺激に敏感となり黒ずみができやすいという特徴があります。

 

10代20代の若い女性が乳首の黒ずみをケアする場合、肌の新陳代謝をあげることを意識してみましょう。

 

彼氏とのSEXの時、乳首を長時間吸われたり、甘噛みされるのことだけが黒ずみの原因ではないので、くれぐれも責めたりしないで下さい!

 

 

乳首をピンクにする方法は?

では、乳首をピンクにする方法ってどんなものあるのでしょうか?

 

日本人女性は色素沈着がしやすいとも言われており、乳首の黒ずみで悩んでいる人が大勢います。これを治すためには、色素沈着を招く原因となる下着の摩擦を減らすと同時に、美白ケアをすることが大切になってきます。

 

美白成分の1つであるビタミンC誘導体には、メラニン色素の生成を抑えると同時に色素沈着を還元する働きがあります。ですので、気になる黒ずみをケアしつつ、予防することも期待できます。

 

また、黒ずみを薄くしていくには、肌のオーバーターンをアップさせることも効果的です。そのためには、ヒアルロン酸やコラーゲン、プラセンタエキスなどの保湿成分を補うのも効果的でしょう。

 

しかし、 保湿成分の多いクリームなどを使ったけど効果がなかった方も多いと思います。黒ずんだちくびをピンク色にするには、デリケートゾーン専用の黒ずみクリームがおすすめです。

 

乳首は、ビキニラインと同じデリケートな部分です。デリケートゾーンの黒ずみは一般の保湿クリームで効果がは期待出来ません!

 

やはり、乳首をピンク色にするには、デリケートゾーンの黒ずみ専用クリームが良いでしょう。

 

 

皮膚科で乳首の黒ずみを治すは?

 

皮膚科で乳首の黒ずみをピンク色に戻す治療の場合、手っ取り早いのがレーザー治療です!

 

でも。レーザー治療を行っていない皮膚科もあるため美容に力を入れているクリニックを選ぶ必要があります。

 

料金は1回で平均3万円〜5万円程度が主流となり、美容目的のため保険適用はされないため費用が高いというデメリットがあります。

 

乳首の範囲や黒ずみの濃さにもよりますが1度レーザーを当てただけでは改善されない場合もあります。

 

一般的に1度で効果が出る治療で人気で全国的に乳首以外の部位でもシミや黒ずみを改善するためにレーザーを選ぶ方が増加しています。

 

患部にレーザーを当てるとかさぶたになり自然にかさぶたが剥がれ落ちると患部がきれいになり、色も元に戻るという方法でレーザーを照射してから1ヶ月程度で効果が現れる施術で痛みを感じるため、体に負担の少ない麻酔を使用します。

 

レーザー治療をする場合はまず信用できるクリニックを選ぶ必要があります。

 

保険適用外の治療に力を入れているクリニックは無料カウンセリングを行っている所も多いンです・

 

治療方法の洗濯や費用を相談して明確に答える事ができるクリニックが安心で、状態によって金額が変わったり値段を言わないというクリニックは辞めたほうが安心ですね。

 

 

黒ずみを取るクリームなら、イビサクリームがおすすめ!

 

 

イビサクリームはブラジリアンワックス脱毛サロンが開発したデリケートゾーン専用の黒ずみクリームです!

 

実際にサロンで脱毛後のアフターケアに使用されていたクリームですがその効果に口コミで広がり、一般販売して欲しいとの要望があり今では多くの女性に愛用されています!

 

当初は商品が少なく海外製品も使用してましたが、刺激が強すぎるなど日本人の肌に合わないことも多く、スタッフやお客様に協力していただき日本人の敏感肌に合うクリームが完成しました!

 

(VIO脱毛)をメインとした脱毛サロンが試行錯誤して開発した商品なので、デリケートゾーンには安心してお使いいただけます。

 

デリケートゾーンはVIOやワキ以外にも、乳首・乳輪の黒ずみでも悩んでいる女性は沢山います!

 

乳首の黒ずみにお悩みの方にもおすすめできるクリーですね!

 

イビサクリームの公式サイトはこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

更新履歴

インフォメーション

このページの先頭へ